FC2ブログ
毎日、テレビ漬け
主にその日に見たテレビ番組などの感想を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父親?

名探偵モンク


モンクを幼い頃に捨てた父親の登場

モンクとは似ても似つかぬトラック運転手

矛盾!

ところどころモンクの神経質さが抜けてるような



子供が何かを喉に詰まらせ咳き込んでる

シーンで自分の指ではなく

そばにいた子供の指を突っ込んで

吐き出させるところは思わず

ふき出しそうになった



もともと子供のようなところがあるモンクが

自分を捨てた父親を受け入れられずにいながら

父親の前で本当の子供に戻ってしまうような

シーンにはじんわり暖かさを感じた


スポンサーサイト
交流戦

昨年までは、セ・パ両リーグとも

拮抗した成績を残して短期的にも

力の差を感じさせるようなことはなかったが

今年はいままでのところ

パ・リーグが圧倒的に強いという印象に

なっている


交流戦上位4チームがパ・リーグのチームで

しかもロッテを除く3チームは

交流戦前までBクラスで2チームはいまだ

Bクラスのチームだというのは驚きだ


交流戦が終わって見ればそれなりの

成績になっているのかもしれないが

セ・リーグは中日の勝率5割が最高というのは

なんとも寂しい限りだ


今年は試合数が減っているので

2連勝・2連敗という極端な結果が

でやすくなっているのも原因の一つでしょう

このまま極端な結果がでれば

各チームとも交流戦の来年以降の

戦い方にも影響してくるでは?
残念!

さんまのスーパーからくりTVにでてくる

将棋少年が今回番組出演が最後ということで

次はいつ放送かとこのコーナーを

楽しみにしてたので非常に残念です


これまでいろんな面白い子供がいましたが

この子はとにかく面白すぎるぐらい面白かった


言葉使いは小生意気な感じで

子供のかっこうをした大阪のおっさん

まさにそういった感じでした

時折みせる本当に純粋な子供らしさ

親思いのやさしさ

このものすごいギャップに思いっきり笑い

かつ癒されました


学業専念のため番組卒業ということですが

いまの純粋さを無くさずに成長して行って

欲しいものです
十三回忌ですか!
”特捜!テレサ・テン名曲誕生秘話”


今年はテレサ・テンの十三回忌ということで

特番、ドラマ、舞台と彼女を扱った作品が

目白押しですが、日本人でも亡くなった後に

これほど取り上げられる芸能人は

ほどんどいないでしょう


演歌はどちらかというと嫌いなほうですが

彼女の歌は別格です

演歌と言うジャンルを越えてます

最初、日本で成功しなかった彼女が

これほどまでに日本で愛されるようになるのに

プロデューサーの緻密な計算があり

彼女がそれを成功に導くだけのチカラがあって

はじめて成し遂げられたのだというのを

この番組を見て’なるほど ’と思いました


歌詞をそれほど重視しないワタクシには

日本語でなくてもメロディがよければ

なんの違和感もなく受け入れられますが

彼女の場合は、声そのものに感情がノッテイテ

そのまま心のなかに入ってきます


これほどの歌手はもう出てこない気がしますが

彼女の歌を聞くと亡くなったことに現実感がなく

懐メロのように懐かしいと言う感じではなく

いつも新鮮な気持ちで聞いていられるのは

それだけ、彼女の歌が素晴らしいということなのでしょう
”あれっ!?”

名探偵モンク


握手した後に除菌ティッシュで手を拭くのは

いつものシーンですが

握手した相手にティシュを渡すシーンがあり

”あれっ!?”と、思ってしまいました



野外ロックコンサートで直前に

公衆電話と間違えて簡易トイレに入った

モンクが自分のほうが不潔だと感じて

相手に渡したのでしょうが



こういうちょっとしたシーンの

面白さがたまりません



簡易トイレのことを”生き地獄”「Hell Hole」と

表現していたのも笑えました

気温が・・・

あつい、あつい

五月だろ!

そろそろ梅雨の時期かなと思ってたら

四国では取水制限だそうです


ほんとに地球はどうなってんだろと

思ってしまいます


雨がキライ   夏がスキ

・・・なワタクシですが

渇水では困りますよね


エコロジー????

真剣に考えなくっちゃ



さわやかですねぇ!

マンシングウェアオープンKSBカップにて

ツアー史上最年少優勝を果たした石川遼選手

”ハニカミ王子”ですか。いいですねぇ!

ワイドショーの内容も暗い事件が多い中

本当にさわやかなインタビューで

異性だけでなく同姓にも好感をもたれ

そうとうひねくれた人間でも

彼を嫌いだと思う人はまずいないだろう

と思うほど

めったにお目にかかれないさわやかさ


実力が本物ならば国民的スターになる

可能性を感じる逸材ですね


メディアの作り上げた”何とか兄弟”のように

内容のともなわない見せかけの虚像ではなく

本物のスターに育ってくれれば

本当にいいのですが


15歳らしい純粋さやあどけなさを

残しながら、非常にしっかりとした

受け答えの出来るところなどは

今の子供達の憧れや目標になって

くれれば下手な教育改革より

よっぽどいい影響が期待できる

ような気がします
交流戦

プロ野球の交流戦も今年で3年目

パ・リーグしか見ないワタクシとしては

日本シリーズを見る時に非常に

参考になるので楽しみにしてます


DH制のあるなしでもいつもと違った

野球を見れるのも楽しみの一つです

又、ゲーム差も同一リーグの場合

星のつぶし合いで極端な差はつきませんが

交流戦では大きな差がつく可能性があるので

その辺も興味をもって見ています


2年連続ロッテが交流戦1位ですが

今年はどうなるのか?


おっと

タイガースの新しいユニフォームを

初めて見ましたよ

洗練されたいいデザインですが

タイガースには似合ってないというか

見慣れてないせいかもしれませんが

なにか違う気がします
スッキリしませんでした
パッチギ


面白くない訳ではないが

いまいちスッキリしない映画でした

なにが言いたいのかハッキリしない


時代背景が似ているせいなのか

”岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説”

を思い出した。ワタクシ的には

”岸和田・・”のほうが最高におもしろい


娯楽に徹した”岸和田・・”に対して

シリアスすぎて笑えない部分が

後味の悪さを感じてしまった

いつも楽しみ
バンビ~ノ


本編を見た後のスピンオフドラマを見るのが

本当にたのしみです


松潤は演技派とは違うのかもしれないが

自然な感じで少しずつキャラを変え

個性的で魅力のある演技を見せてくれてます



北村一輝はこのドラマでは

いつものかなり濃いキャラではなく

比較的普通のキャラを演じてますが

やっぱりいい

今回のスピンオフドラマでは

けっこう濃いキャラを出していて

楽しめました


香里奈は”僕の歩く道”の

イメージが強いんですが

モデル出身ということで身長が165もあるんですね

画面ではもっと小さく感じるんですが

ちょっと気の強そうな女の子の役が

ぴったりくる女優さんです

俗悪番組?
子供に「見せたくないテレビ番組」の1位は、

4年連続で「ロンドンハーツ」だそうですが

ワタクシはこの番組大好きです

全く興味のないコーナーもいくつか

ありますが

格付けなどは最高です


確かに子供にはお勧めではないでしょうが

内容をどう感じるかによって

悪影響だけとも思えません


本音で会話することの大切さと怖さを

教えてくれるという意味では

いいんではないでしょうか
気になりますかね?
名探偵モンク


カウンセリング等を受けている患者さんは、

モンクのように

自分のカルテを見たがるもんなんでしょうか


普通の人でも周りの人の評判などを

異常なほど気にする人もいますが

ワタクシは他人が自分の事をどう思っているかなど

全く気になりません

少しは気にしたほうがいいのかもしれませんが

気にしたところでそれによって

自分を変えられる訳でもないし

変えようとも思わないし

他人に迷惑さえかけなければ

人の視線など気にしないで

自分らしく生きるのが一番でしょう

変化が欲しい
プロポーズ大作戦


少々マンネリ気味かな

今回のストーリー自体は面白かったが

パターンが決まりすぎていて

飽きがきてる感じ


過去へかえってもなかなか

現在の状況が変化しないのは

現実的でいいのだが

ストーリー全体の展開としては

面白味に欠ける


多少、激変した後で元に戻るとか

変化をつけて欲しいもんです

単発では無理でしょ

めぞん一刻



単発ドラマでこのアニメの面白さを出すのは

不可能でしょう


音無響子のイメージはかわいい大人の女って感じですが

主演の伊東美咲、大人の女のイメージはないものの

かなりイメージに近かくて良かった


五代君役の新人は、イマイチでした

軽さがない真面目さだけの感じで

キャラクターの面白さが全く出てなかった


四谷さん役の岸部一徳は、すばらしい

見た目だけでも四谷さんの雰囲気がでてました


一の瀬さん役の岸本加代子は、もっと太った

扮装をしてくれたら最高だったんですけど


朱美さん役の高橋由美子は

すこしおばさんすぎじゃないでしょうか


犬の惣一郎さんはかしこすぎる感じで

全くイメージに合いません


茶々丸のマスターは少しかげの薄いところが

いいところなのに柳沢真吾じゃねぇ~

banner_02.gif

優柔不断な教師
わたしたちの教科書


学生時代、自分の周りに教師をめざしていて

実際に教師になった人間でどちらかというと

いい加減というか教師になって大丈夫?

という人もいました

つづきを表示
こんなこともあるんだ

日本ハム X ソフトバンク 8回戦


初回、日ハム先発ダルビッシュの立ち上がり

先頭バッターの本多に対して

ストレートのフォアボール

最後の球が暴投となった瞬間

本多がダッシュで走り出した


フォアボールなのに何やってるんだろうと

思ってたら二塁まで行ってしまいました

インプレー中なので当然ですが

俊足の本多ならではのプレーでした


去年から今年にかけダルビッシュは

ものすごい投手になってきたなぁ~と思ってたら

やっぱりこんな時もあるんですね

いきなり初回3点取られてしまい

まさかの4回降板!


これでソフトバンクは、日ハム戦8連勝

お互いのチーム成績(首位とBクラス4位)が

このカードの対戦成績によって決まっていると

言ってもいいでしょう


しかし、去年の日本一のチームが

Bクラスにいてそれほど違和感がないというのも

ある意味すごいことなのかも

banner_02.gif

見なきゃ損、損

バンビ~ノ!


スピンオフドラマ vol4は最高でした

本編もいいけど短いスピンオフドラマで

これだけ見せてくれるのはうれしいですね

本編がけっこう緊張して見るのに対して

気楽に見れるのもいいです


それにしてもほっちゃんはワンカットしか

出てないのに強烈なインパクトを与えますな


故郷と恋人を捨て、料理人になる決心をして

戻ったところがフロア担当を命ぜられ

ありがちなパターンなのに

よさげな展開に来週もわくわくします

banner_02.gif

同窓会殺人事件ーMr.MONK and the Class Reunion ー

名探偵モンク


若い頃のモンク役の役者さん

けっこう似てました

最初は、トニー・シャルーブが

若作りのメイクをしてるのかと思ったほどです


トゥルーディ役は

イメージと違いイマイチでした


事件解決のため

背中を机代わりにして書いた字を

思い出すシーンは最高に面白かった

banner_02.gif

継続は力なり?
花嫁とパパ


くだらないと思いながらも

見続けているとだんだん面白くなって来た

他のドラマも見てればそれなりに

面白味が出て来るのかもしれない


白石美帆はこのドラマでは

あまり重要なポジションにはないが

役柄のイメージが気の強そうな女性と

少し固定してきているようだ

もっといろんな役を見てみたいのですが


小泉孝太郎はイメチェンを図っているのか?

いままでは人のいい好青年の役が多かったと思うが

このドラマでは冷たい感じのする役をやっていて

あまりハマっているとは思えないが

無難にこなしていると言う感じです

banner_02.gif

キャラクター

ERXII


このドラマ、癖のある登場人物が次から次へと

現れるのには感心します

ドクターロマノは死ぬまで嫌なヤツだったけど

ドラマの中でもあれほど個性的な人物も

なかなかお目にかかれないでしょう


ドクターウィーバーは出世を目指している頃の

なりふりかまわないようなところが

診療部長の地位についておとなしくなって

面白みに欠ける感じがします


今回のシリーズで加わった看護師長のイブが

最初の頃のウィバーに少し重なって見えるのは

ワタクシだけでしょうか?


新しいスタッフドクターのクレメンテは

どういう過去をもっているのか

性格的にけっこう興味がわきます

banner_02.gif

マイナス

”冗談じゃない”


上野樹里は、”のだめ・・・”のイメージが

強すぎるのか役柄が似ているのか

同じ役をやってるんじゃないかと

思うときすらある

せっかく”のだめ・・・”で新しいキャラを

演じて女優としての期待度がアップしてたのに

この役を引き受けたのは

マイナスだったような気がします


大竹しのぶは、こういう身勝手な女を

演じさせたら何の違和感も感じさせない

ところがすごい


ドラマの展開としてはイマイチでしたが

義理の母が元カノとバレて

どうなっていくのか少し興味が出て来ました

banner_02.gif

厳格化

"メジャー"


野球特待生の問題だが

野球マンガでも特待生は普通にえがかれていて

このアニメの海堂高校も堂々と特待生制度の

存在を認めている

だから知らない人のほうが少ないのであって

それを高野連がいままで知らなかったとは

誰も信じないだろう


一般の人が知らなかったのは

野球憲章で野球だけ特待生を認めていなかったことだ


主力が特待生でメンバーから外した私立の強豪校が

格下の公立高校にコールド負けするなど

異常事態になってるようだが


特待生制度自体は他のスポーツでも

認められているのだから認めるとして

その内容が学校の宣伝やお金になるという理由から

通常の感覚からかけ離れたものになってしまう

危険性が大きいという部分を厳格に

規定し、監視していけばいいだろう

banner_02.gif

膨らんで来ました
わたしたちの教科書


だんだん面白くなってきました

最初はいじめ問題に焦点を絞った作品かと

思ってみてたが

ほとんどサスペンスみたいになってきた


伊藤淳史は、この手のシリアスドラマでは

少しウキ加減な感じをうけるのは

ワタクシだけでしょうか


これからどういう展開になっていくのか

期待が膨らんで来ました

期待を裏切られないのを信じて

見続けていきます


banner_02.gif

博多どんたく
花自動車をみてきました

20070503190943.jpg


しまった

昼間行ったので

電飾のきらびやかさが・・・
安心感
夫婦道


苦戦の続くドラマのなかで

コレといった目玉もないなか

善戦して視聴率をかせいでいるのは

ホームドラマの基本をキッチリ守って

安心して見ていられるからでしょう


最近のドラマは本当に何を考えてるのか

わからないような中途半端な設定が

目に付きます


部分的には面白くても

ドラマ全体としてみるとバランスが悪い

そんなドラマが多すぎます


視聴者のことを考えて作っているのか

なめてるんじゃないのかと

疑ってしまうようなものもあります


人気コミックのドラマ化も

目に付き過ぎます

原作の面白さを100%以上出せないような

ドラマ化は慎むべきではないでしょうか


本数は減っても

本当に見たいと思うようなドラマが

少しでも増えることを期待してます

banner_02.gif

スピンオフドラマ

バンビ~ノ!


やっぱり、おもしれぇ

毎回出て来る

優雅なレストランシーンと

戦場のような厨房のシーンとの対比が

マンネリすることなく

登場人物のセリフなどにより

いきいきとえがかれているのは素晴らしい


今回の新番組のなかで唯一

次回を早く見たいと思う作品だ


ほっしゃんは、好きな芸人ではないのですが

このドラマではものすごく個性的で

ある意味、重要なキャラクターを演じていて

ドラマのアクセントとしては最高ですね

しかし、セリフなしであれだけの存在感を

出せるのはすごい役者なのか

セリフをいうとたいしたことないのか

どっちなんだろ?


裏バンビ~ノを見てると脇役の個性が

よくわかります

バンビ~ノ!を見ていて裏を見てない人は

見たほうがいいですよ

banner_02.gif

”溺れ死んでも便座ははなす”

名探偵モンク


モンクのモンクらしさがよくでてた

桟橋からボートへ乗り移るのに躊躇するシーンや

通信講座で水泳を習って

実際に泳いだことがないエピソードなど


極めつけは、海に飛び込んだ後に

なんとも都合よく浮き輪がと思ったら

つかんだのが便座で

驚いて放り投げるシーンには笑わされた

”溺れる者はわらをもつかむ”といいますが

モンクいわく

”溺れ死んでも便座ははなす”

banner_02.gif

これなら、聞けるかも?

とくダネ!


クラシックといえば、小中学校の時に

強制的に聞かされた音楽という

悪いイメージが強すぎて

意識的に聞かないようにしてきた


最近は”のだめ・・・”の影響もあるのか

クラシックのCDもよく売れているそうですが

(クラシックコンサート)
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
~熱狂の日~

の紹介を番組内でやってましたが

堅苦しいクラシックのイメージを

変えてくれるものでした


小さい子供の入場制限や長い演奏時間

服装なども注意されそうなイメージでしたが

演奏時間を1曲3分程度

1曲ごとに曲の解説を入れ

子供の入場制限もないものもあるなど

映像を見ていてもこれがクラシックコンサートと

思えるほどラフな感じのものでした


音楽とは本来こういうものでしょう

これなら、ワタクシも聞けるかも!


banner_02.gif

値上げ
オレンジ果汁100%の飲料が今日から

値上げされるそうですが

バイオ燃料の影響というのが

なんともいまどきの理由です


バイオエタノールの原料たるサトウキビへの

オレンジからの転農が原因だそうですが

これからもっともっといろんな食料品で

影響が心配されています


エコも大事ですが食料の価格が

上昇するのも問題です


食料自給率40%といわれる日本だからこそ

この問題は深刻さを増してきそうで

別の代替燃料の開発等を期待してます

banner_02.gif

Copyright © 2005 毎日、テレビ漬け. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。