FC2ブログ
毎日、テレビ漬け
主にその日に見たテレビ番組などの感想を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフ接待
守屋前次官のゴルフ接待問題

表面的なことで人を判断するのはまずいのかもしれないが

この人はどうみても悪党ヅラですよね


小池前防衛大臣との確執といわれた問題も

はたから見てる時は、どっちもどっちかなと思ってみてたが

結果からすると守屋のいいなりで次官を決めてたら

いまでもこの問題は発覚せず守屋の好き放題になってたと思うと

小池前大臣には拍手ものです


今の世の中、企業であれ個人であれ利益を優先する考えが

汚職を生み、腐敗を蔓延させてるようだ


そんな中でも国を守るというもっとも尊い仕事に従事している人間が

これほど薄汚い人間であったということは情けなさ過ぎる


国防を無視してやっていた訳ではないだろうが

売国奴と疑われても仕方ない最低のヤツだ


自分の仕事に対し誇りを持つことはいいことだが

そのことで必要以上の恩恵を受けるのも当たり前だと考えているのであれば

思い上がりも甚だしい


こんな人間には厳しい社会的制裁が下らなければならないはづだ
スポンサーサイト
歌姫
このテレビ局、本当にドラマはおもしろいのに・・・

斉藤由貴には、びっくりしました

最初、この変なおばさんは誰? と思ってました

よく見るとわかったんですが、声の特徴を消してるので

イメージと一致させるのに苦労して何度も確認してしまいました

給食費問題
東京都府中市の小中学校の教師35人が給食費を払ってなかったって

こんなのは教師の資格はないだろ

警察官が泥棒してるようなもんだ

督促する前に理由によっては教師の資格を剥奪するべきじゃないの?
笑える謝罪会見
反省の色がまったく見えない口先だけの謝罪会見

だったら、やらなきゃいいのに

周りの圧力に屈して仕方なく会見をするだだっこのようでしたね


次男は無言、精神的にまいってる?

お前は朝青龍か!


今の格闘家はこんなにも精神的にもろいのでしょうか

身体を鍛える前に心を鍛えるのが先決かも


亀親子は精神の前に頭の柔軟体操が・・・・


今後とも・・・? そんなものがあるんだ。ビックリしたなぁ~


亀の親子の処分について妥当や重いという意見があったが

この会見を見てあの程度の処分では反省できない亀たちの姿がハッキリ見えた

ガリレオ
天才数学者の事件ファイルのモロまねだろってシーンもあったり

なんとなく似てる設定に少し疑問もあるが、そこそこおもしろい

主人公の福山雅治がドラマの設定として変人といっているのに

まったくそれらしき演技がみえてこないのには納得いかない

”天才数学者・・・”のチャーリー・エプスは変人という設定ではなく

天才として部分的に人とかなり違う面が表現されていて

非情に自然な感じなんだけど

主人公が変人の役なら北村一輝にやらせたほうが絶対うまいはづ

それと犯人の犯罪に使った費用はいくらになるのか考えると

これまた全然納得いかないし

ドラマだからってこの手のやつはあんまりいい加減な

作り方はしないでほしい

試合後もみぐるしい親子
気分の悪い試合を見せられた上に試合後も本当にみぐるしい

父親の反省コメントも当然のごとく品性のカケラもない人間には

考えることのできない文章だし

長男の反則を促す発言に対するイイワケは”亀田家用語”だと

確かに日本語を正しく使えないような程度のオミソしかないのであれば

妙になっとくしてしまいそうだが

早いとこ、この親子はメディアから抹殺してほしい


それと、バカ親子を調子に乗せ

ある意味では言論統制ともとれることをやってるテレビ局も

乗っ取られてしまったほうがいいかも
医龍
日本の医療ドラマは海外のに比べるとスピード感がないというか

実際にはそんなことしてたら間に合わないだろうということが多く

海外ドラマのように実際に緊急事態が画面のなかで起こっているように

感じることはあまりない

しかし、このテンポの遅さみたいなものが日本人には

合っている部分もあるのかもしれない


映像は特に予算の大きな違いからだろうが

かなり見劣りする部分も多い

医療専門用語も海外の方は普段よく使うような用語を頻繁に

使用していて、日本の場合は一つの特殊な病気等に関する

聞き慣れない専門用語を使っている感じがする


ともかく、人気ドラマなんでそれなりに期待してます
ムカツク試合
ボクシングの試合を見ていてこれほどムカツク試合は初めてだ

チンピラのけんかを見ているようで気分が悪くなった

格闘技には勝っても負けても最後は相手の健闘をたたえ合う余裕

みたいなものがあってこそ相手を挑発するような行為も

演出としておもしろく感じられると思う


単に個人の感情だけで相手を挑発するような行為は

野蛮人なみの知能しかない人間がやることだ

こんな試合はほとんど放送禁止にすべきだ


ボクシングというスポーツをここまでおとしめた責任は

この親子とともにTBSにもかなりの責任を感じてもらいたい
フラガール
蒼井優という女優さんは、これまで見たTVでの印象は

なんとなく雰囲気のあるかわいらしい女優というイメージでしたが

この映画で賞を総なめにしたのがよくわかりました

まわりのベテラン女優と比較しても一歩も引けをとらない演技で

まったく印象が変わってしまいました

これからは、彼女の出演する作品には注目していきたいです

あきれた発言!
亀田家長男がTV番組で沢尻エリカの今回の騒動について聞かれ

言っていい場所とそうでない場所があるなど沢尻を批判したそうだが

この家族、父親がほとんど人格破綻者のような人間だから

そんな親に育てられた子供がかわいそうともいえるが

次男は父親に次ぐ不快感を感じ、三男はまだ露出度も低いので

どちらとも言えないが、長男については多少計算でやってるように

見えていたのでこの家族のなかではまともな方かなと思っていたが

不遜な態度というものがどういうことかまともな教育も受けて

いないせいで理解できてないのか? ただ、頭が悪いだけなのか?

自分のことがまったく見えていない。

格闘家なのだから対戦相手に対して挑発的な態度をとることも

演出として必要な場合もあるだろうし、自分のことを必要以上に

鼓舞するような発言も容認できる。

しかし、自分自身の言動から他人の同じような言動を

批判できるような立場にないことを理解できてない

もし、計算でやっていたことならば彼女の言動を

肯定する発言をすべきだったろう

まぁ、そこまで知恵がまわらなかったんでしょうね
焼きらーめん
先日、中洲で焼きらーめんを食べましたが、

ただのソース焼きそばで麺だけがらーめんの麺になってるシロモノで

正直、がっかりしました

ところが、今日買ってきて食べたハウス食品から出てる

うまかっちゃん焼きらーめんは、粉末がとんこつソース味で

こっちのほうが本物の焼きらーめんだと思ってしまいました


食べた店が悪かったのか、もともと焼きらーめんに期待をするのが

いけないのか?どっちなんでしょ
やっぱりね!
民主党最高顧問の渡部恒三衆院議員の関連政治団体「新時代の会」が1993~2004年、渡部氏のおいで当時秘書だった佐藤雄平・福島県知事の自宅マンションを、事務所として使っていなかったのに、「主たる事務所」として総務省に届け出ていたことがわかった。

 実際の活動は家賃のかからない衆院議員会館内の事務所で行われていたが、政治資金収支報告書には12年間で事務所費計9919万円を計上していた。

 また同会は、代表者の男性が00年、会計責任者の男性も3年ほど前に亡くなっているのに、後任者への変更を届けていなかった。収支報告書には、死亡している会計責任者の名前が記名押印された宣誓書を添付していた。



えらそうに印籠を出してまともそうな事をいっていたが

もともと古い自民党政治にどっぷりつかってた人間だし

信用できねぇと思ってたが、やっぱり・・・・

自民党ばかりがいろいろ出てきてたので少し変な感じがしてたが

まだまだ民主党だけじゃなくいろんな政党でいろんな人が

いろんなことをやってんじゃないの?

各政党ターゲットを絞って”政治とカネ”の問題について

徹底的に調査してもらいたいもんだ
女検死医ジョーダン
主人公が一話中、ワンシーンも登場しないドラマを初めて見た気がする

登場シーンがなくても普通、登場しない理由というか言い訳というか

そういうセリフがあってもいいはづなのに

ジョーダンの”ジョ”の字も出てこなかった

タイトルに名前のある(もちろん、原題にもあり)主人公が

登場しないってのもありなのかな?

ドラマ自体は面白かったんだけどなんとなくスッキリしない
ミディアム #2
日本でも裁判員制度が始まることになっていますが

陪審員の選出自体がアメリカではビジネス化しているような

映画やドラマがありますが、ある意味怖いですよね


判決を事実ではなく陪審員の宗教観や信条で操作するようなことは

本来、あってはならないことなのに有利な判決を導き出すために

そのようなことが当たり前のように行われるのは

現時点の日本では考えにくいでしょうが、いずれそうなるかもと

考えるとやはり不安になってきます
ザ・プラクティス
シリーズ終盤しか見てなかったので

やっと、初回から見れるということで大満足です

ポビーが一番若いというか、変わったんだなと感じました


けっこう、衝撃的なシーンというか、結末というか

刺激的な印象の強いドラマですが初回は、比較的まともな

弁護士ドラマという感じのスタートだったんですね
沢尻エリカ
舞台あいさつでのあの不遜な態度はなんなんだ!

司会者の気の使いようもかわいそうなくらいだった

事務所は、「キャラですから」とか言ってイメージ戦略みたいな

ことをほざいてるらしいが、限度っちゅうもんがあるだろが

ちょっと、人気がでたからといって調子こいてんじゃなねぇぞ


女優としても歌手としても才能は充分すぎるくらいあるのに 

芸能人というより人間として最低じゃ先は見えてるな

Copyright © 2005 毎日、テレビ漬け. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。