毎日、テレビ漬け
主にその日に見たテレビ番組などの感想を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピリチュアルって何?
スピリチュアル・カウンセラーとか称する江原啓之が、

「望まれていないカウンセリングとは知らされなかった」として、

フジテレビを批判しているらしいが

そんなこともわからないで人の前世とか断言してるのって

信じられんし、墓穴を掘ってるじゃないの?


ワタクシ、細木なんとかいうおばさんのも含めこの手の番組は

いっさい見たことがないので批判はしづらいのですが

バラエティー番組の1コーナーとしてや特番のような存在であれば

昔からあるし、バカバカしいと思いながらも笑って見られるが

ひとつの番組として成立してるってのはよくわからん

噂だけでも気味が悪くて嫌悪感さえ感じる

ごく一部の人間が信じてるだけならそれもいいと思うが

視聴率を取れてるということは笑って見ている人もいるんでしょうが

けっこう信じちゃってる人もいるってことですよね


科学で説明できない事象を完全に否定するほど頭はよくないですが

テレビに出たりして金儲け主義に走ってる人たちは

間違いなく詐欺師だと断言できまっせ!
スポンサーサイト
「ロウリュ」初体験
サウナの「ロウリュ」サービス

初めて体験いたしましたです

ヨーロッパで人気のサウナサービスだそうですが

アロマ水をストーンにぶっかけてできた水蒸気を大きなうちわで

室内に循環させ、一気に体温上昇

出るわ、出るわ!

どっと汗が噴き出して大変なことになってました


顔の近くでうちわを扇がれたひには息がしづらくて

苦しかったべ

3回繰り返した後で”もう一度リクエストはありますか?”の問いに

さすがに誰も返事はしませんでした


アロマの香りもけっこう効いてて良い体験になりました
携帯電話って・・・
「CSI:マイアミ」を見てて思ったけど

海外の携帯って日本のにくらべるとダサダサなんだけど

すげぇ~機能が満載って感じがする


日本の携帯は軽量化やデザインはひょっとして世界NO1かもって

思うんだけど実用的な機能ってどうなのよって気がする


デルコのもってた携帯なんてほんとに小型のPCみたいで

どんだけぇ~のことができるんだろう


日本の商品は見た目がよくないと売れないってとこがあるみたいだけど

最近の日本経済の元気のなさも見た目重視で中身の大切さを軽視した

とも思える日本の消費者と営利主義にのみ走った企業の責任は重い


ここらで方向転換しなければ日本もほんとに大変なことになりそうだ
久々だなぁ~
牡蠣、広島から送られてきた大粒の牡蠣を

最初は、酢牡蠣で十分に味わい

落ち着いたところで鍋でいただきました

くぅ~、もう喰えねぇ~!


明日は牡蠣フラァーイでいただきます

しあわせですな~
自民党は死に体?
偽装問題も去年に続き再生紙で製紙業界が・・・・

この問題でも結局はグリーン購入法という国の政策が

結果的に製紙業界を追い込んだようだし


最近の株の暴落や経済不安に対しても

無策というのか無頓着というのか

何をやってもいまはムダだと思っているのか


口でいってる危機感なんか感じてないだろうって言いたくなる

”自民党はすでに死んでいる ”って感じ

さようなら自民党

期待度増大
「あしたの喜多善男」

謎が謎を呼ぶ展開でますます面白くなってきました

ミナミさんっていったいどんな人物なんでしょね

いま一番気になってます


小西真奈美演じる鷲巣みずほもどんな秘密があるのか

見る度にドキドキしてきます


早く次回が見たぁ~い!
斬新だなぁ~
「佐々木夫妻の仁義なき戦い」

こりゃ面白いですな

コメディーとしての部分で新感覚を与えてくれました

稲垣吾郎は、けっして演技がうまいとは思わないんですけど

雰囲気があるんですよね

小雪とのコンビも息ぴったりって感じで


配役もいいとこ押さえてますね


最近、酒井若菜が脇でけっこういい味だしてますけど

このドラマでもいいポジションにいるみたいです
リスキーです
「だいすき」

期待の香里奈初主演ドラマですが

女優経験もそれほど長くなく、初主演の彼女が挑むには

あまりにも難しすぎる役柄なんではないでしょうか

知的障害をもつ母親の役なんてベテラン女優でも

かなり演技に苦労するはづなのに


彼女や所属事務所はチャレンジャーなのか

あまりにもリスキーな気もします

ファンであるワタクシも多少の違和感を覚えました

しかし、ストーリー自体は悪くないのでしばらく見てみようと思います

このドラマの中で彼女の演技が変わって

女優として一段と成長できることを期待してます

対比は大切です
「プレデターVSエイリアン」

「フレディーVSジェイソン」がおそまつだったので

あまり期待しなかったが、さすが ”2 ” が出来るだけあって

おもしろかったですね

「フレディVS・・・」とは違い

最終的には善と悪として対比させたのがよかったんでしょうね
期待度に反比例
「ハチミツとクローバー」

前評判が高かったのでかなり期待してたが

2話見終わっても、たいして面白くありませんね

成海璃子の演技にのみ興味が惹かれますが

他に見る番組がなければ見ようかって程度ですね


それに対して

「あしたの喜多義男」

まったく期待してなかっただけに面白さが際立ってます

本来、脇役である小日向文夫を主演にするという

けっこう、リスキーな番組だと思ってたら

これが意外とハマっちゃいました

小西真奈美もミステリアスな演技がけっこう、うまい!

期待度がどんどん膨れ上がってます
新規印刷見送り
2000円札が5年連続で追加印刷されない見通しだとか

当たり前でしょうね

国際的には、2のつく通貨が使われているとか

訳の分からないことを理由の一つにあげてましたが

日本人の暗算能力の高さはいまでもかなり高いんではないでしょうか


引き算がまったく出来なくておつりの計算にも足し算を使う国では

2のつく通貨は確かに便利でしょう

1,2,3,4と数えるより、2,4と数えるほうが早いですから

海外ドラマや映画のシーンでおつりを渡すところで

1枚1枚テーブルの上におきながら数えていくのをよく見ますが

日本人はあんなことはしませんよね


発行前から無意味なことをするなよと思ってましたが

ワタクシの周りの反応は意外と発行されれば使うんじゃないのとか

若い女の子達は是非使ってみたいとか

否定的な意見はほとんどなかったので

それなりに流通するのかな???????・・・・・とも思いましたが

やっぱりね!


海外からの移住者を難民も含め受け入れ、他民族国家にでも

ならない限り、2のつく通貨の必要性は日本ではないでしょう


頭のよい優秀な人たちはよくやるチョンボですよね
たんたんと・・・
「薔薇のない花屋」

第一話を見て、うまいと思ってしまいました

比較的たんたんとストーリーを展開しながら

今後どうなってくんだろうといろんな展開を考えさせられた


香取慎吾も父親役を自然に演じていたし

竹内結子もさすがの演技

娘が学校でマスクかぶってんのに大人気という

ありえねぇ~設定もまったく気にならない
まだまだいける?
「バブルへGO」

おちゃらけた映画だと思って見てたら

意外と面白くって楽しめました

低予算でもこんな映画なら娯楽として認められる


それにしても、広末涼子はいくつになったのか知らないけど

この手の役柄はぴったりですね

阿部寛とのコンビも自然な感じですばらしい


「バック・トゥ・ザ・フューチャー」気味なのは

まぁ良しとしときましょうか
微妙だなぁ~
「エジソンの母」

子供中心のシーンだとこのドラマ、パスだと思ったけど

それ以外だと、もすこし見てみよっかって気になる

伊東美咲の役柄もなんか中途半端な先生役で

今後が期待していいのか、いけないのか判断しにくい

気が向いたら来週も見てみよう
勘違い野郎
松山の23歳女性店長刺殺事件で

加害者の49歳ストーカー男が交際を断られたことに

腹を立て刺したということですが


世の中の男でこいつと同じ勘違いヤロウやストーカーちゃんって

意外と多いんですよね

こいつらの共通項はほぼ間違いなく女性にはもてない

接客業である女性がお客に対して優しくするのはお仕事だということを

理解できていない

最初に優しくされ、自分に好意をもっていると勘違いすると

それをいくら否定しても認めようとはしない。認めることが出来ない

ということである


店側も営利主義に走ればどんな迷惑なお客でもお金を落としてくれるのであればと

かなり甘い対応をしているところもある


お客も接客業のお店に行くときには、勘違いしないこと

店が守ってくれない場合は、女の子自身が最終的には自分自身の安全と

お金とどちらが大事か考え接客することが大切でしょう
そこそこですかね
亀梨和也と黒木メイサ主演で始まった

「1ポンドの福音」ですが

ドラマとしてはそこそこ面白いんですが

原作のイメージを壊すので

見ないことにしました

「めぞん一刻」もそうですが高橋留美子やあだち充の作品で

原作を越えるドラマは無理なんじゃないでしょうか

アニメと違い役者が原作のキャラクターを忠実に

演じるというのは中心人物はすべてかなりの演技派を

そろえる必要があるのでほぼ不可能でしょう

映画「タッチ」や「ラフ」もまったく別物でしたし

最初から違うものとして見たとしてもイマイチでしたし

原作をぶち壊すくらいのことをしなければ

原作を越えるのは無理なんでしょうね
やっと、決まりましたか
ハンドボールのアジア予選のやり直しが日本で開催されることが

決まったそうで、選手の皆さんはホッとしてることでしょう


それにしても各国、スポーツの場に政治的圧力をかけまくりで

ほとんど何も出来ない日本がバカみたいです


本来はスポーツは純粋なものであって欲しいものですが

これだけ世界的にいろんなことを仕掛けてくるのなら

日本もそれなりの対処の仕方があっていいのでは?


官僚さんがたも国の内側だけで国民をクイモノにするようなことばかりでなく

対外的に官僚の力というものを見せてもらいたいもんです

そうすればすこしは優秀さというものを認めてやれるんだから
期待してなかったのに
主演が小日向文夫なんで、そんなに期待しないで見たら

これが意外と面白いんですよね

いろんな要素をうまく取り入れてるようでいい感じです

「あしたの喜多善男」

小西真奈美もいままでとちょっと違った役柄だし

このドラマ今後が期待できそうです
期待の新番組
「ハチミツとクローバー」の成海璃子の演技には

つくづく感心させられます

セリフの少ない役で存在感を出すのは本当に難しいはづなのに

おみごとです

本当に15歳なんですかね
ひどいよなぁ~
福岡3児死亡事件で

結局、危険運転致死傷罪は適用されませんでした

せっかく法律を作っても適用すべき事例で適用されなければ

意味がないと思うんですけど


いまだに日本は野蛮で法律が整備されていない国だと

思われそうで落ち込みます

やっぱり逃げ得くになっちゃうんですよね


飲酒運転そのものよりもその後の対処の仕方で

その人間の本質がわかるような気がするんですけど

自分の起こした事故で

助かるかもしれない人を見捨てて逃げるような人間は

殺人罪を適用してやってもいいくらいの感情が

被害者やその関係者には当然あるだろうし

それを7年程度の判決ですまされたのではたまりません


この事件の場合、目の前で自分の子供たちが亡くなるのを

なす術もなかった両親の気持ちを考えると

単に殺されただけではないのだから

社会的な制裁はもっと重いものでなければいけないはづだ
CSIシリーズとは違って・・・
「コールド・ケース」の一挙放送見終わって

疲れたけど、ヒジョ~に面白かった

リリー・ラッシュ刑事は、有能だけど特別って感じが

まったくしませんね


CSIシリーズと違ってすっげ~って感じしませんが

ハマっちゃいました


やっぱ、死刑のある日本で殺人に時効があるのは

おかしいっすよね


被害者の遺族や関係者にとっては犯人が見つかり

裁かれれば終わるという話ではありませんが

未解決のまま時効がくれば放置されてしまうのは

納得いきませんよね
ギャポ!
「のだめ・・・」録画して見ました

上野樹里は、はまり役じゃないですかね

玉木宏は、やつれたのか顔変わってねぇか


やっぱ、面白い!!! 

ホークス復帰?
マリナーズの城島が今シーズン以降

古巣のソフトバンクに復帰する可能性が出てきたとのこと

ほんとだったらすごいことですよね


日本からの一流選手の流出ばかりが続く中で

メジャーでそれなりの活躍をした選手が、放出や自由契約ではない

”逆輸入”となればプロ野球ファンにとっても

夢を与えてもらえることになるでしょう


子供を日本で育てたいという”家族愛”の部分も大きいのでしょうが

メジャーで学んだことを伝えたいという日本プロ野球に対する感謝の気持ち

戻るなら現役バリバリでなければ意味がないと言い切るなど

プロ野球ファンにとっては実現すれば

涙が出るほどうれしいことです
驚くほど、くだらねぇ~
いままで見たことなかったので「ハッスル」を録画してましたが

早送りでもくだらなさすぎて時間を損した感じ

昔のプロレスをさらにくだらない見世物にしたみたい

これは格闘技なの?って質問したくなりました


やっぱり、余計な演出や過去の映像の繰り返しが多いK-1ですが

全然べつもの


あ~、ヘタこいた
「歌姫」カップル
長瀬智也と相武紗季が共演をきっかけに交際ってか

ドラマも悲恋に終わった二人の孫が知り合うシーンで終了

現実とダブルような感じがして


芸能人カップルなんてどうなろうと関係ないんですが

ドラマの印象が強すぎて初めて応援したくなりました
Copyright © 2005 毎日、テレビ漬け. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。