毎日、テレビ漬け
主にその日に見たテレビ番組などの感想を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギョーザ問題
中国も大変といえば大変ですよね

スケープゴートでも仕立てて犯人つかまりました、チャンチャン!

ってな感じで早めに終わらせるのかと思ってたら

完全に開き直ってます


言うに事欠いて”包装の外から農薬が浸透する実験結果がでた”だって

そんなことが出来るんだったら、ある意味すごいことですよ

食品テロなんて防ぎようがないってことでしょ?


メタミドホスを持ち帰ろうとした日本人記者が一時拘束されたってのも

事実ならこの馬鹿ヤロウは日本に帰って来るなって言いたいが

ネットで中国人が大騒ぎして日本を責めてるらしいんで

やらせっぽい気もする


とにかく、今の中国は五輪関係で諸外国から責められっぱなしなんで

一切、非を認めるようなことはしないと決めたんでしょうね


食の問題でもこれ以上意地をはるなら

五輪ボイコットなんて国がでてきてくれば面白いんですけど!!
スポンサーサイト
シークレット・ウィンドウ
ジョニー・デップの演技はさすがですが

スティーブン・キングの原作にしてはストーリーがイマイチ

二重人格っぽいってのは、けっこう早い段階でわかったし

キング特有のドキドキ感がほとんど感じられませんでした
またまたコメディ?
「佐々木夫妻の・・・・」

またまたコメディタッチがもどってきましたが

シリアスとコメディ両極端なシーンが多いわりには

違和感ありませんね

途中少しだけ飽きかけましたが再度盛り上がってまいりました
「ロス疑惑」=「コールドケース」
殺人罪にも時効のある日本ではコールドケースは、別世界のことだと

思ってましたが、ロス疑惑がこんな形で出てくるとはビックリしました


関係ありませんが、三浦かずよしといえば今ではサッカー選手のほうが

有名ですが以前はこちらの方が有名でしたよね


このケースによって、日本でも時効の問題や忘れ去られてしまっている

事件が取り上げられることがあれば

いまだに苦しんでおられる遺族や被害者、その関係者の方たちの

わずかな希望の光になればと期待します
おっ?
「佐々木夫妻の・・・・」

最初、コメディー色が濃かったのにだんだん

シリアスになってきた

連ドラの場合、途中であきられることがあるので

こういうのもアリでしょうね


桜井幸子が出てきてからドラマの雰囲気もコロっと変わった

彼女には新人のときから独特の雰囲気があっていまだにそれを

持ち続けてるってのもある意味貴重な女優さんなんでしょうね


今後の展開に期待!

橋本府知事 VS ・・・・
橋本府知事とマスコミとの激論?がけっこう話題になってますが

フジの黒岩キャスターとのバトルは”カッカしないでください”と

言っていたキャスターのほうが興奮しているように見えて笑えた


橋本氏も言い方に問題もあるだろうけど

もともとキャスターやコメンテイターなんて人種には口先だけの人間も

少なくないのだから腹がたつのも理解できるけど

もう少しだけ大人になったほうがいいんじゃないかな


だからといって、その場だけ取り繕うようなくだらない政治家には

なってほしくない


今のままの姿勢で言葉や言い方に少し配慮すれば

マスコミとのバトルも批評家達の薄っぺらさがよくわかって

それはそれで面白いし

意味のあるバトルは、やり続けてほしいもんです
桃子ちゃんはすごいなぁ~
上田桃子の米ツアーデビュー戦での優勝争いに絡む活躍は

日本での成績がフロックでないことを証明したといってもいいかもしれない

それに比べ宮里藍は2年連続開幕戦予選落ちとさっぱりですな

日本ではデビューしてからの活躍はすばらしく人気は実力以上?

まだ若いのでこれからかもしれないが

ジャンボ尾崎が日本では無敵の強さを誇ったのに海外では

まったくダメだったことを思い出してしまう


上田桃子は開幕戦の1戦だけとはいえ期待度は高まりますよね

彼女は実力もさることながら、精神的な強さや勝負運も持ち合わせているのかも

岡本綾子以上の選手になってほしいもんです

頑張ってほしいもんです
政治の世界でタレント議員の是非が論じられることがあるが

いままでは一部の例外を除いては否定したくなる要素が多かったが

都道府県知事については宮崎の東国原知事の強烈なマスコミ戦略により

マスコミの利用の仕方を比較的知っているタレントのほうがいいのではと

思い初めてきました

東国原知事もこれからが本番でしょうが、かなり期待は高いと思われます


大阪府知事に就任した橋本氏もタレント時代のおちゃらけた部分を抑え

かなり真剣に府政に取り組んでいるのが画面を通じて理解でき

二枚舌や、外面のいいだけの信用ならない政治家とは違う感じがしています


これからの地方自治にはマスコミをうまく利用できる

リーダーシップをもった人物が就任することにより

地方から腐り切った官僚や国会議員を変えていくことが出来るのではと

わずかな期待がもてるようになってきた

少しずつでもいいのでそういう日本に変わっていってほしいもんです
すっごい面白い! けど・・・
「DEATH NOTE」

やっぱり、ストーリーは最高です

けど、邦画を見るとよく感じるのがエキストラのセリフで

引かされることです

洋画の場合はまったく感じないんですけど

邦画の場合、制作費の問題があるんでしょうけど

どんなちょい役でもセリフが一言でもある役については

しっかりした演技の出来る役者さんを使ってほしい

作品が面白ければ面白いほど群集などの一言で

映画の中に感情移入していたものが、現実の世界へ引き戻され

興ざめしてしまいます


弥海砂役も戸田恵梨香よりもっとキャピキャピの感じのサエコとかのほうが

雰囲気でたのにと思ってしまう


”L ”役の松山ケンイチの演技でも「死神」という言葉を初めて聞いたときの

リアクションは難しいのはわかるけどイマイチでちょっと残念!
どんだけぇ~
生活保護受給中の無職男性が、病気治療にかかる通院交通費として、10ヶ月なんと約438万円を市から受給だって

そいつの説明は「いい医師を探して全国を行脚した」だと

十数年前からの精神疾患というから頭がおかしいのかもしれないけど
妻が付き添い、大阪空港や関西空港までタクシーを使ったうえで飛行機で往復していたってんだから、どうだか?

よほどの金持ちでも、こんなマネはしないでしょう
まぁ、本人は支給されるものならいくら使ってもかまわんと思ったんでしょね

しかしですよ
岸和田市は「必要な書類が提出されており、適正な支出だと考えている」だってさ

公務員は適正な支出の意味すらわかんない馬鹿なんですか?

学校の勉強がそこそこできて机の上だけでなら
標準以上なんでしょうけど、常識的な判断ができないようなら
人間としては欠陥があると言われても仕方ないんじゃないのか

学生時代、公務員志望でいろんな役所のいろんな部署でバイトしましたが
「仕事にたいする情熱がかんじられない」
「仕事中、生きてるのか死ぬでるのかわかんないような覇気のない人間が目立つ」
「バイトに対して”君達が頑張り過ぎると職員の仕事がなくなるから、適当に”と言われた」

等々の理由により

民間企業に就職しましたが

いまだに体質は変わってないんですなぁ~
だんだん似てきてるような?
「だいすき」

香里奈は髪切って誰かに似てるなと思ってたが

misonoに似てるんだ

いままでの影のある役柄と違い元気なところも

どんどん似てきてるんじゃないか?

misonoもデビュー当初のほんの短い間だけ

やせててけっこうかわいかったもんな
いよいよハマりそう
「あしたの喜多善男」

どんどんミステイリアスになってく感じ

三波さんってほんとにどんな人物なのか気になってしょうがない

キャストからいくと最初はぜんぜん見る気がなかったのに

たまたま見てしまって、ハマっちゃってる

謎をもった登場人物が多いので妄想が膨らんじゃって

頭のなかが収拾がつかない

現時点で今年の新ドラマNO1です
Copyright © 2005 毎日、テレビ漬け. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。