毎日、テレビ漬け
主にその日に見たテレビ番組などの感想を
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジーザス・クライスト スーパースター
いやぁ~! なつかすぃ~

久々に見ましたが、やっぱりいいですな

何回も映画館に足をはこんで見たことを昨日のことのように思い出します

これを最初に見た時、1Fの映画館で「燃えよ ドラゴン」やってまして

長蛇の列に、この映画なんなんだって驚いたのを覚えてます

かたや、2Fではガラガラの観客席で自分的にはゆったり見れたので

良かったんですけど、やっぱり少しさびしい感じもいたしました

いま見比べると「ドラゴン」より古臭さみたいなものは感じないし

音楽はやっぱり最高だし、「ドラゴン」も好きですけど、こっちのほうがいいですよね~!


マリア役のイボンヌ・エリマンの歌声は、本来ハスキーボイスが好きな私にも

単にきれいな声という領域を超えてしまっているように感じられ

今聞いても十分感動できる歌声です


当時、キリストのことを歌詞のなかで、”J・C”と歌われてる部分に

結構批判があったとの解説を読みましたが

今でも信者の方にとっては、”ジェイ・シー”なんて呼び方は

映画の中とはいえ容認しずらいんじゃないですかね

とにかく、30年以上前の作品なのに音楽はもちろん

映像もそれほど古くささを感じないのは素晴らしい
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 毎日、テレビ漬け. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。